6月6日:「保護猫活動の皆様に私も保護される!?」<氷見市>

今日は久しぶりに氷見市での活動を行います!。氷見市は本当に「熱い」んです(^^!気候がではないですよ?福祉的助け合い精神が熱いんです(笑)。何て言うのかなぁ~大雑把に言うなら「困った時はお互い様!」と言う意識が強い土地柄なのかなぁ?。んんん…でも私が感じるのは、やはり公的社会福祉と民間社会福祉の間の部分…つまり、そのどちらにも該当しない(該当できない)方々を、氷見市社協や地区社協がしっかりとフォローする事で、明らかに他の市町村と違う「勢い」を感じるのです。それが「熱さ」なんです。

公的社会福祉と民間社会福祉の間の部分と書きましたが、もう少し詳しく…。例としては、生活保護と言うのは公的福祉ですよね?更に無料で提供できる高齢者サービスとかも公的福祉です。民間福祉と言うのは、有料ホームとかそう言う感じ…。でも、100%公的に支援を受けられないし、自費で解決する事も難しい方って、この日本には一番多いんです!!。「一番多い部分を何故見ない!?」と言うのが私もいつも腹を立てる部分なのですが、日本の行政はココを抜け落とし傾向である事を皆様も感じるんじゃないでしょうか?。

いや…私もあと20年たったら、きっと「公的な支援を受けられず、民間の有料支援も受けられない立場」になる確率が高い気がします。氷見市社協は敢えてココを支援するんです!。その部分に私は共感をしますし、物凄く興味を抱いています。

「社会福祉」って言うと、多くの方は〝心お優しい方が善意で行うジャンル?〟と思われるかもしれませんが、そんな生ぬるいものではありません…。地域社会や家族単位での助け合いで対応できていた時代は既に崩壊していますよね??「孤独死」とかもそうです。

世の中…「助けて!」の声が聞こえなくなっています。聞こえてもソロバンを弾いて見積書~契約書~が必要な時代なのかな…。

と言う訳で、前置きが長すぎました(-_-;)。

今日の午前中は氷見市社協の山田先生と共に氷見市内の支援活動です!。でも…山田先生は午前中は勤務時間外なのです。つまりボランティアなんです…。昨日は丸一日私の活動(志賀町)にご協力いただきましたし、午前中はご自身の町である氷見市の為に活動されています…。いや…凄い方です。名もなきヒーローはね~!意外と近くに沢山いるんですね><!!。それが私が活動を通じて一番感じた事!わかった事です。

▲ ますは朝いちばん!氷見市社協の裏側駐車場に置いてあった回収物(石材)を重機でダンプに積み込みます。
これね、2月末に指を負傷されてしまった氷見社協の澤田先生が「リハビリを兼ねて石割しておきます!」と、通常業務の合間に何十発もセリ矢を駆使して割った物です(※大きなままだと粉砕機に入らず断られるんです)。そんな澤田氏の思いのこもった石を〝超雑に〟ゴリゴリと積み込みました(笑)あっはははは!…でも本当に早く完全完治してフルパワーの澤田さんに戻して下さいね。

▲ 続いて、山田先生と一緒に市内の灯篭回収現場へ向かい、これまた最速スピードで積み込みます!
▼積み終わり~!

この後私は氷見市で保護猫活動をされている「ねこみみの会」様からの要請にお応えずべく「余川」と言う場所へ。

地震で建物が壊れたりして人が居なくなってしまうと、猫は生きて行けません。実は「家猫に野生は存在しません(日本での現存野生は西表島山猫のみだったはず)」。なので被災地では猫も困っています。出産時期も重なり、シェルターが足りず新たな場所を借りたそうです!。その建物前の花壇?と言うか岩と松の木で構成された部分を撤去するのがご依頼内容です。下の写真のように、玄関前にこの花壇があると車が止められないんです…。

私も保護猫二匹と暮らしていますので他人ごとではありません!。それにこちらの会の代表は、久目地区交流館に寝泊まりさせて頂いている私に、何度も美味しいお弁当を作って持って来て下さったり、お父様お母さまが作ってくれたお酒やお料理を大量にお裾分けくださったりしています!!。なので何としてもご要望にお応えしたいわけです(^^!

そんな思いを叶えて下さっているのが、私のスポンサー活動支援者みなさまです!

さてと…まずは手始めに松の木の伐根。写真を撮り忘れましたがバッチリOK!

ねこみみの会の中でも「捕獲の名人」で「神の手を持つ女性」と呼ばれている方も駆け付けて下さいました(笑)
でもね!ビールやお弁当やお茶やお菓子などなど…物凄くたくさんの差し入れを私に持ってくて下さったのです…。ついつい言ってしまいました・・・「私も保護くださってありがとうございます(笑)」。猫のみならず!櫻井も保護する「ねこみみの会」なのです(^^!

▲ 90分後、バッチリと完了!!バケット仕様ではなく、ツカミしか持って来ていないバックホーでの作業としては良く出来た仕上がりかと思います(笑)。完了後、この建物の中にいる数十匹の保護猫さんを見せて頂きました(^^!みんな可愛かった~!!

ここのシェルターに居るのは大人の猫さんたちだけですが、みんな安心して暮らせる空間が確保されて、まずは本当に良かったです…。でもね!出来る事ならご家庭で飼い主さんの愛を受けて暮らせるようになるともっと良いですね(^^!。ねこみみの会さんでは、毎月譲渡回も行っています!。

と言う訳で、今日の予定作業も完璧に完了!。交流館への帰り道、田植ラストスパート中の「sympathy pastime」萩原氏の所へ寄り道しました(^^!。
頑張っている人!夢に立ち向かい実践している人に触れると、言い知れない燃料をチャージしてくれる気がするんです。「よっしゃ!私も頑張れる!」と思うんですよ。

今日もいい天気でした。そして今日も熱い熱い情熱が氷見を一歩動かしていました。