6月5日:「最強の助っ人2名参上!そしてダンプ追加レンタル」<志賀町>

先日から搬出計画、そして準備を進めてきた灯篭撤去案件三件ですが、昨日の日報の通り…やはり片道50分程度のゴミ仮置き場往復では余りにも効率が悪すぎて我慢が出来ません。効率が悪い作業と言うのは概して安全性が低いものです。理に叶っている流れと言うのは無駄が無くてスムースで安全なんです。「楽をしたい」のではないんです。安全に行うためにコストを掛ける事は大切だという事です。…と言う訳でダンプ一台追加(日契約)そして更に!!名運転手の山田さん(氷見市社協)と、最強の腕っぷしを持つ武田さん(柔道整復師・武田接骨院院長)が名乗りを挙げ、お二人とも本日お休みの日のタイミングで絶大ご支援頂きました!!。

昨日割って準備をしておいた2案件と、下見をしておいた1案件の計3案件を巡回し、一挙に積み込んで1回のゴミ仮置き場行きで完了させてしまいます!。

まずは「№2079」。重機で垣根を超える灯篭3部品の搬出も5分で完了!その後、8等分に割った灯篭傘を皆で運こび、20分程度で完全完了!

続いて、こちらも昨日割っておいた灯篭ベース石を重機で運び出す№1759です。ここは海辺なので皆で海を見ながら休憩!息を整えて安全第一に作業を行います。

その後「№2093」に向かい、割りナシダイレクト積み込みのため、重機で庭にアプローチ。その重機に「ダンプ魔術師!山田さん」のテクニックで荷台をピッタリと寄せてもらいました。そうそう…山田さんは地元消防でポンプ車なども運転している方なんですよ!だから狭い所を通したりバックでギリギリを攻め入るのが凄く上手なんです(笑)。バックホーでのクレーン積み込みって、近すぎても旋回できないし遠くても届かないし…丁度いい感じの位置って言うのがあるんですが、本当にいい所に寄せてくれるんですよ~(笑)。

そんなマニアックな部分を味わっていた所…振り返ったら武田さん!既に灯篭持ち上げて待機してました(^^!何だかもう~皆さんベテランすぎます。

こちらも現場到着から25分程度で完全完了!。3tダンプに良い感じで満載です。災害ゴミ仮置き場は、ここから氷見に向かって帰るルート上にあるので、ゴミ出しはせず積んだままにしてお楽しみの昼食です(笑)。志賀町社協災害ボランティアセンター近所の「御食事処 八幡屋」へ!。ラーメン+かつ丼セットのほか、3名で大盛焼き飯を2個注文!!余裕で完食(^^!※お店の人は驚いていましたが…。

さぁ~!ご飯も食べたし!ゴミ出して帰ろう!と、富来から旧志賀中学校グランドへと向かいます。私のダンプには重機、もう一台には灯篭が積んであるので、やっぱり結構な時間が係ります。

無事に三件の倒壊灯篭を搬出しゴミ置き場に出し終えたので、最後に皆で「古墳の湯」と言う温泉に入って帰ってまいりました。

今日の三案件クリアは武田さんと山田さんの経験と熱意と思いやりのおかげで、綺麗に無駄なく安全に完了させることが出来ました!本当に気持ちがいい!!。それに依頼者様みなさん、とってもホッとされたお顔を見せてくださいました!何よりそれが本当に嬉しいです(^^!ありがとうございました!!

そして、相談を受けリサーチをしてボランティア募集をして…と、本当に大変な事務的作業を行っている志賀町社協の職員皆様にも、この利用者様たちのあの笑顔を見せてあげたいなぁ…と心から思った一日です。